CoA Blog

ブログ初心者。趣味ブロガーです。

【グルコス】難易度解禁するためにプレイした曲【難易度13まで】

アーケード版グルーヴコースター4で遊び慣れてくると、難易度を解禁したくなりますよね。

私もつい先日、難易度13でRate:Sを取れ、難易度14を解禁することが出来ました。

この記事では、私が難易度を解禁するために遊んだ曲(難易度13まで)を紹介したいと思います。

難易度を解禁したいけど、何の曲をやればいいのか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

目次

◼️難易度解禁するためにRate:Sを目指した曲は、全て東方アレンジ曲です

◼️Rate:Sを取れた曲

難易度 10 FOUR SEASONS OF LONELINESS ver β feat. サリヤ人(HARD)

難易度 11 ナイト・オブ・ナイツ(HARD)

難易度 12 サドマミホリック(HARD)

難易度 13 CYBER Sparks(HARD)

◼️️難易度14まで解禁すると、ほとんどの譜面で遊べます

 

 

 

 

 

難易度解禁するためにRate:Sを目指した曲は、全て東方アレンジ曲です

曲のジャンルにこだわる必要はないですが、自分の好きな曲でRate:Sを目指した方が楽しいですね。

私の場合は東方アレンジ曲が好きで、好きな曲で遊びながら難易度を解禁し、遊べる幅を増やせたらいいな~くらいの気持ちでプレイしました。

 

Rate:Sを取れた曲の特徴としては

 

・同じリズムの繰り返し

・シンプルな16分連打

 

この2つです。

 

同じリズムの繰り返し

同じターゲット配置が多ければ把握が少し楽になりますし、慣れれば休憩地帯にもなりますね。

 

シンプルな16分連打

高難易度になると連打中にスライドが混ざったり、連打直後にクリティカルが配置されたりと、技術的にかなり難しくなるので、なるべく複雑ではないシンプルな連打曲を選んでます。

 

自分の好きな曲、叩きやすいターゲット配置。

この条件を満たせる曲で難易度解禁条件のRate:Sを取りにいってます。

 

 

 

 

 

Rate:Sを取れた曲

難易度解禁を目標にRate:Sを目指した曲を紹介します。

 

難易度 10

曲名:FOUR SEASONS OF LONELINESS ver β feat. サリヤ人 (HARD)

BPM:178

 

曲が始まり、少しするとジグザグと8分連打地帯のあとに少し長めの16分連打地帯。この連打地帯を抜けるとしばらくはメロディ配置が続くので、ひとまずRate:Sは目前かと。

長めの連打に慣れておくと、難易度13で紹介する「CYBER Sparks」の長い16分連打にもある程度対応できると思います。

 

 

 

 

難易度 11

ナイト・オブ・ナイツ (HARD)

BPM:180

 

定番曲ですね。

東方projectが好きなら、ほとんどの人は知っている曲だと思います。

コースのスピード感に圧倒されますが、同じリズムの連打にスライドが4つ出現とわりとシンプル目な配置ではあります。

コーススピードが早いゆえに混乱しやすいですが、この曲が出来るようになると、難易度12で紹介する「サドマミホリック」も十分対応できるはずです。

 

 

f:id:kitsunebeats:20191018205808j:image

好きな曲でフルチェインが取れると嬉しいです。

因みにこの曲のEXTRAは難易度12で、スライドがやたら飛んできますがリズム自体はHARDと変わらないので、そのままトライしてみても良いかも。

私はスライド処理が苦手なので、次に紹介する「サドマミホリック(HARD)」にしました。

 

 

 

 

難易度 12

サドマミホリック (HARD)

BPM:200

 

またしてもビートまりお氏の東方アレンジ曲です。

こちらも同じリズムの連打の繰り返しが多いので、「ナイト・オブ・ナイツ(HARD)」に慣れていると攻略しやすいです。

BPM:200という早さに慣れると、大半の曲のテンポに対応出来ますし、難易度13で紹介する曲はBPM:192なので、次につながると思います。

 

 

 

 

 

f:id:kitsunebeats:20191018213047j:image

Rate:S出すまでに15回以上掛かりました…

何度プレイしてもどこかしらのHOLDでチェイン切れしてしまい、「まさかメンテ不足…?」と思い、別店舗に移動してプレイしたところ、アッサリ突破できました。

正しく叩けているはずなのにMISS判定が出てしまうという違和感を感じたら、プレイする場所を変えてみることをオススメします。

2台設置なら、隣に移動で済みますね。

 

 

 

 

 

難易度 13

CYBER Sparks (HARD)

BPM:192

 

この曲の難所といえば、「弾幕はパワーだよ。」と言わんばかりの連打量。192連打あります。

連打前半はカメラワークが意地悪で、COOLやGOODが連発しても、自分の連打が早すぎるのか遅すぎるのか分かりません。

ここでGOODを量産しすぎると、フルチェインでもRate:Sに届かない事態が起きます。

 

 

 

 

 

f:id:kitsunebeats:20191018212241j:image

192連打地帯でGOODを量産してしまい、フルチェインなのにRate:A

本来のリズムよりも早めに叩き続けたのが原因でした。

 

この192連打で出来るだけGREATを出し続け、

192連打➡スクラッチ2回➡連打➡直後のクリティカルでチェイン切れしてしまっても、すでに曲の終盤なので、大きく崩れなければRate:Sには届きます

 

 

 

 

f:id:kitsunebeats:20191018214610j:image

こんな感じ。

MISSが出たからといって諦めてしまうのは勿体ないです。

これだけ続けて連打させられると体力的な心配も出てくると思いますが、難易度12で紹介した「サドマミホリック」ができるなら、問題ないかと。 

Rate:Sを目指して3回連続プレイしましたが、体力切れは大丈夫でした。

 

 

 

 

 

難易度14まで解禁すると、ほとんどの譜面で遊べます

 難易度14が解禁できると、遊べる譜面が数多くなります。

難易度15解禁にチャレンジしてみても良いですし、せっかく遊べる譜面数が増えたのだから自分の好きな曲のEXTRAを解禁しにいっても良いと思います。

こんな具合に難易度を解禁していくと、楽しめる幅が広がりますね。

 

 

 

ここまで東方アレンジ曲で難易度解禁してきたので、難易度15解禁もなんとなく同じジャンルで頑張ってみたいですが、東方アレンジ曲には難易度14の譜面が3つしかなく、どれも別格に難しく見えますw

足を踏み入れたい気持ちもあるので、他の曲の譜面を楽しみつつ、チャレンジしていきたいと思います。